アイドルを応援するという刹那

自分が応援しているアイドルが、いつもそこにいるとは限らないんだな…と今更気付いてしまい、行き場をなくした感情を持て余しています。

 

 

私は長年AKB48のあるメンバーを応援していてその子は年内で卒業してしまうのですが、彼女はAKBメンバーとしてデビューして間もなくシングルの歌唱メンバーに選抜されるなどいわゆる「推されメンバー」だったため歌番組に出演する際は「いつもいる」子でした。

 

次にAKB48がリリースする曲は彼女が卒業するにあたりつくられた「卒業ソング」で、先日行われた彼女の卒業コンサートは勿論、さまざまな歌番組で披露されています。ここから年末にかけて放送される予定の歌番組でも披露されるそうです。

 

AKB48のCDリリースは、年に数回あり、今年は3月、5月、8月、11月の4回です。彼女はその4回とも選抜されています。それまでもデビューからじゃんけん選抜を除き全てのシングルに選抜されています。つまり私にとっては「いるのが当たり前」の存在だったのです。

 

そんな彼女を来年からはいくら探しても、どんなに後列の端のポジションにも、見つけられなくなるのです。

 

 

彼女のいないAKBを受け入れられるのか、彼女のいないAKBを応援できるのか、そんなことは全く見当もつきません。

 

他に推したいメンバーが見つけられているわけでもない、そして見つけようと思って見つけられるものじゃない事も分かっています。

 

周りのドルヲタにおすすめされて、見聞きしてはみるものの、「この子いいよ!」「うわぁ本当だ!この子推したい!」となかなか踏み進められるものじゃないですよね。

 

第二の彼女を求めているわけでもないですし、応援したいと思える「シアターの女神」が現れるまで思い出の中に浸っていようと思います。

 

 

終わりに、私は改めて好きなアイドル・応援するタレントには限りがあるのだと痛感させられています。

会いたいのなら、会えるうちにうんと会い、伝えられるうちにうんと伝えなければならないのだなと。

 

ジャニーズだって、それ以外の全てのアイドルにだって「永遠」などないのです。

 

 これを読んだ全ての皆さまも悔いのないオタクライフをお過ごしください。

10

Hey!Say!JUMP、デビュー10周年おめでとうございます!

離れたり戻ってきたりバタバタしていて(←私が)

結成日にはちゃんとお祝いできなかったので、

きょうはひとつ、メンバーひとりひとりの好きなところを挙げさせていただこうと思います。

 

 

まずは、Hey!Say!7から。

 

 

やまちゃん。真っ正面からぶつかって来る全てに対して、真っ正面から受けて立っているところ。

 

知念くん。頭の回転が速くて、可愛いとかっこいいを上手く使い分けているところ。

 

 裕翔くん。ずっと真っ直ぐで絶対にブレない、芯の強いところ。

 

圭人くん。折れない優しさ。いつも誰よりも、周りを見ているところ。

 

 

そしてHey!Say!BEST。

 

 

だいちゃん。期待を裏切らない、10求められたら20にも30にもして返すところ。

 

髙木くん。周りとの距離の詰め方が凄く上手で、人の気持ちにすぐ気付いてあげられるところ。

 

いのちゃん。ここだと言うタイミングで、ファンの気持ちを汲み取った言動をしてくれるところ。

 

光くん。どんな場面でも、良いことも悪いことも自ら発信してくれるところ。

 

薮くん。常に公平でいてくれて、みんなの味方でいてくれるところ。

 

 

 

どんな目線だよ、ってツッコミはしないでください…

 

やっぱり9人の楽しそうにしてる姿や笑顔を見ると 好きだな って思います

これからも"らしさ"を失わず

9人みんな仲良く、笑顔で過ごしてください。 来月発売される11年目スタートの曲も、

とっても楽しみにしています …✳︎